FC2ブログ

櫛目です。

こんにちは、
東京都内で気軽に陶芸体験(電動ロクロ・手びねり)ができる
飯田橋の陶芸教室・陶房江戸遊の柄澤です。

2017-05-22 123757


前々回、このブログで紹介した、
作品の中に模様が入っていた
2枚のお皿がありました。

こちらの作品です。

IMG_3636_2018092611144417e.jpg

IMG_3639_2018092611144626b.jpg

これらのお皿について
表面に平行で複数本走っている
模様をどのように作っているのか
というご質問がありましたので、
お答えします。


この模様、ズバリ
お皿の形が整った段階で、
「櫛(くし)」
を使ってつけています。

その上に、釉薬を掛けることで、
下地についた櫛目が
写真のように浮き上がる
という仕組みです。


ただ、一つ注意が必要なのは、
掛けられる釉薬が限られるということです。

どういうことかというと、
釉薬によっては掛けると
折角付けた櫛目が埋まってしまって
焼き上がりで櫛目が消えてしまうものがあります。

櫛目はつけたけど、
掛けたかった釉薬が
掛けられなかった
ということがないよう、
このような場合は
一度私に訊いて頂ければ
と思います。

ということで、
今日は
櫛目について
お話をしました。




「板皿2枚体験コース」
は随時開催していますので、
ご興味のある方、
お気軽にお問合せください。


板皿を1枚だけ作りたい、
という方は
「手びねり体験コース」
扱いで対応させていただきます。


また、わからないことがありましたら
ご遠慮なく、お問合せください。


03-3556-3330
陶房江戸遊 柄澤まで





板皿コースに限らず、
電動ロクロコースや
絵付けコースなどもありますので、
どうぞそちらもご覧ください。

>>>各種、体験コースの詳細はこちらから





陶芸教室についてはこちらをご覧ください。

>>>陶芸教室についてはこちらから


ご不明な点や、ご相談など、
どうぞお気軽に柄澤(からさわ)まで
お問い合わせください。

陶房江戸遊 柄澤
03-3556-3330


>>>メールでのお問い合わせはこちらから




※陶房江戸遊のHPはこちらからご覧頂けます。

>>>陶房江戸遊HPはこちらから



それでは、また!

陶芸教室 陶房江戸遊 柄澤より

スポンサーサイト

テーマ : 陶芸
ジャンル : 趣味・実用

ご質問にお答えします

こんにちは、
東京都内で気軽に陶芸体験(電動ロクロ・手びねり)ができる
飯田橋の陶芸教室・陶房江戸遊の柄澤です。

2017-05-22 123757


今日から10月ですね。

今年も4分の3が過ぎて、
あと3ヶ月を残すのみとなりました。


さて、、、

今日は、
前回ブログに載せた板皿について、
質問をいただいたので
せっかくなので、
ここでもお答えしたいと思います。


質問があったのは、
こちらの作品です。

IMG_5375_2018092611144961f.jpg


ご質問は、

「どうやって白い所とそうじゃない所を
出しているのですか?」

という内容のものでした。

IMG_5376_20180926112253384.jpg

この部分ですね。


お答えすると、
白く釉薬を掛けたくないところ
(この作品の場合、土の地の色を出したいところ)
に撥水材を筆で塗ってゆくのです。

その上で、釉薬掛けをすれば、
撥水材を塗った箇所だけは
釉薬が弾かれて色がつかないので、
このような複雑な掛け分けができる
という寸法です。

IMG_5374_2018092611224900b.jpg


そうです、
みなさんもすでにおわかりの通り、
この作品は、物凄い手間のかかった作品なのです。

このように、ちょっとした情報を知っただけでも、
陶芸作品の見方が変わってきて、
おもしろいのではないでしょうか。




陶芸体験コースは随時開催中です。

体験コースをふくむ、
すべてのコースは
私、柄澤が完成までサポートいたします。

ぜひ、初心者の方も
安心して楽しんでください。

>>>体験コースはこちらからどうぞ



陶芸教室についてはこちらをご覧ください。

>>>陶芸教室についてはこちらから


ご不明な点や、ご相談など、
どうぞお気軽に柄澤(からさわ)まで
お問い合わせください。

陶房江戸遊 柄澤
03-3556-3330


>>>メールでのお問い合わせはこちらから




※陶房江戸遊のHPはこちらからご覧頂けます。

>>>陶房江戸遊HPはこちらから



それでは、また!

陶芸教室 陶房江戸遊 柄澤より

テーマ : 陶芸
ジャンル : 趣味・実用

サンマ皿、板皿をつくってみたい方へ

こんにちは、
東京都内で気軽に陶芸体験(電動ロクロ・手びねり)ができる
飯田橋の陶芸教室・陶房江戸遊の柄澤です。

2017-05-22 123757


秋といえばサンマが旬ですね。

陶房江戸遊では
一年を通して、
「板皿(サンマ皿)2枚コース」
を開催しているのですが、

やはり秋口になると
こちらのコースへの
申込も増えてきます。


「板皿(サンマ皿)2枚コース」では、
大型のサンマものせられるお皿を
2枚お造り頂けるのですが、

中には、
「1枚だけ作ってみたい。」
と仰る方もいらっしゃいます。

そうした場合は、
「手びねり体験コース」
扱いで対応させていただきますので、
お電話の時に、ご遠慮なくおっしゃってください。


板皿づくりでは、
麺棒を使って
粘土を均一の厚さに伸ばしてから
皿の形を切り抜く、
板づくりという技法を
使うのですが、

この技法、陶芸が初めてという方でも
完成度の高い綺麗な作品を作りやすいので、
とてもおすすめです。

また、サンマ皿に限らず、
それ以外の板皿を作りたい場合も
もちろん大丈夫ですので、
お気軽にお問合せください。

>>>板皿(2枚)体験コースの詳細はこちらからどうぞ


IMG_3636_2018092611144417e.jpg

IMG_3639_2018092611144626b.jpg

IMG_1888.jpg

IMG_5375_2018092611144961f.jpg

IMG_5388.jpg





陶芸教室についてはこちらをご覧ください。

>>>陶芸教室についてはこちらから


ご不明な点や、ご相談など、
どうぞお気軽に柄澤(からさわ)まで
お問い合わせください。

陶房江戸遊 柄澤
03-3556-3330


>>>メールでのお問い合わせはこちらから




※陶房江戸遊のHPはこちらからご覧頂けます。

>>>陶房江戸遊HPはこちらから



それでは、また!

陶芸教室 陶房江戸遊 柄澤より

テーマ : 陶芸
ジャンル : 趣味・実用

体験者さんのティーポット写真をアップしました

こんにちは、
東京都内で気軽に陶芸体験(電動ロクロ・手びねり)ができる
飯田橋の陶芸教室・陶房江戸遊の柄澤です。

2017-05-22 123757


本日も朝から肌寒く、
霧雨が降っていますね。

この時期の寒暖の変化には
十分気を付けたいですね。


さて、、、

先日こちらのブログでもご紹介した
「急須・ティーポットコース」
での体験者さんの作品(ティーポット)を
ご紹介したかと思いますが、

>>>ティーポットの記事はこちら

よりこまかい写真を
ホームページの方に
アップしましたので、
そちらの方も
ご覧いただければと思います。

>>>ティーポット写真はこちらから






陶芸体験コースは随時開催中です。

体験コースをふくむ、
すべてのコースは
私自身が直接、
完成までサポートいたします。

ぜひ、初心者の方も
安心して楽しんでください。

>>>体験コースはこちらからどうぞ



陶芸教室についてはこちらをご覧ください。

>>>陶芸教室についてはこちらから


ご不明な点や、ご相談など、
どうぞお気軽に柄澤(からさわ)まで
お問い合わせください。

陶房江戸遊 柄澤
03-3556-3330


>>>メールでのお問い合わせはこちらから




※陶房江戸遊のHPはこちらからご覧頂けます。

>>>陶房江戸遊HPはこちらから



それでは、また!

陶芸教室 陶房江戸遊 柄澤より

テーマ : 陶芸
ジャンル : 趣味・実用

今日は赤色系の釉薬です。

こんにちは、
東京都内で気軽に陶芸体験(電動ロクロ・手びねり)ができる
飯田橋の陶芸教室・陶房江戸遊の柄澤です。

2017-05-22 123757


本日都内は雨。
気温もこれまでと打って変わって
肌寒い、秋の気温ですね。


前回、青色系の釉薬を
ご紹介したので、
今日は赤色系の
釉薬について
ご紹介したいと思います。

江戸遊では、
赤色系統の釉薬は
3種類置いてあります。

早速ですが、
ひとつずつ見てゆきましょう。


まず、はじめが、
鉄赤(てつあか)
という釉薬です。

IMG_1318_2018092117134995f.jpg

IMG_1342_2018092117134673e.jpg

114805.jpg


こちらは文字通り
原料に鉄が使われていて
鉄が焼成時に酸化することで
赤く発色するものです。



続いては、
女性に人気の高い
桜色釉(さくらいろゆう)
というピンクに発色する釉薬です。

101506.jpg

114714_2018092117144132b.jpg

114619_20180921171443c01.jpg

乳白釉との相性も良く、
比較的安定して綺麗に発色します。




そして、最後は
飴釉(あめゆう)。

こちらは飴色に
発色する釉薬です。

どちらかというと
茶色系といった方が
近いかもしれません。

IMG_20171211_132847.jpg

IMG_0941_2018092117221538c.jpg

掛け方によって
濃淡がでるのも面白いところです。




ホームページの方には
他の釉薬についても
ご紹介しています。

ぜひ、そちらもご覧ください。

>>>陶房江戸遊の釉薬のご紹介






陶芸体験コースは随時開催中です。

体験コースをふくむ、
すべてのコースは
私自身が直接、
完成までサポートいたします。

ぜひ、初心者の方も
安心して楽しんでください。

>>>体験コースはこちらからどうぞ



陶芸教室についてはこちらをご覧ください。

>>>陶芸教室についてはこちらから


ご不明な点や、ご相談など、
どうぞお気軽に柄澤(からさわ)まで
お問い合わせください。

陶房江戸遊 柄澤
03-3556-3330


>>>メールでのお問い合わせはこちらから




※陶房江戸遊のHPはこちらからご覧頂けます。

>>>陶房江戸遊HPはこちらから



それでは、また!

陶芸教室 陶房江戸遊 柄澤より

テーマ : 陶芸
ジャンル : 趣味・実用

江戸遊プロフィール

柄澤 睦

Author:柄澤 睦
陶芸教室 陶房江戸遊へようこそ!

江戸遊ホームページはこちら

おかげさまで飯田橋に窯元を構えてから2018年で19年目を迎えました。

46年以上さまざまな陶器と触れ合ってきて、修行時代もあわせるとこれまでに延べ80万個以上の陶器を製作してまいりました。

日々こうした経験を活かして、生徒さんへの指導と作陶に励んでおります。

都内で気軽に陶芸が体験できる数少ない教室です。
陶芸体験教室は随時開催中です!

※詳細はこちらをご覧ください

基本から丁寧にお教えしますので、全くの初心者の方も安心してお楽しみください!

日時などお気軽にご相談ください。

TEL:03-3556-3330
月~木:10:00~21:00
土・日:10:00~18:00

柄澤(からさわ)まで


陶芸教室 陶房江戸遊

ホームページはこちらから
 

アクセス:
 地下鉄東西線飯田橋駅A5出口
         から徒歩1分
 JR飯田橋駅東口から徒歩3分

地図:Googleマップ

住所:東京都千代田区飯田橋3-4-3
電話: 03-3556-3330

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード