毎年恒例の作品展の準備をはじめました

こんにちは、
東京都内で気軽に陶芸体験(ロクロ・手びねり)ができる
飯田橋の陶芸教室・陶房江戸遊です。

IMG_1276.jpg

今日で10月もおしまいですね。
今年も残すところあと2ヶ月のみとなりました。


江戸遊では、毎年11月に
ふだん通われている生徒さんの
作品展を開催しているのですが、

その作品展も今年で12回目を数えます。


前回ブログの記事の最後でも
写真で昨年の作品展の模様を
お伝えしましたが、

今年も、昨年と同じ会場を借りて
江戸遊作品展を開催します。


そして今、少しずつ
準備を始めているところです。


広くて素敵な会場なので、
沢山の作品を展示できると思います。


IMG_1158.jpg


今日は昨年度の展示会で展示した
生徒さんの作品をご紹介します。


IMG_1168.jpg

IMG_1169.jpg

IMG_1170.jpg

IMG_1183.jpg


今年の開催日程は
11月17日~20日です。

詳しくは後日改めて、
ご案内させていただきますね。




陶芸教室・陶芸体験コース、開催中です!

 忙しい日々からちょっと離れて、
 陶芸に没頭するのもまたいいと思いますよ!

 (11月14日~21日は作品展とその準備のため、
  教室と体験コースはおやすみになります。)


ブログ読者限定の入会特典も、
 忘れずにチェックしてみてください。




03-3556-3330
柄澤(からさわ)まで

お気軽にお問い合わせください!




それでは、また。

陶房江戸遊 柄澤


IMG_1189.jpg

スポンサーサイト

前々からやろうと思っていたこと

こんにちは、
東京都内で気軽に陶芸体験(ロクロ・手びねり)ができる
飯田橋の陶芸教室・陶房江戸遊です。

IMG_1276.jpg


ここのところ10月とは思えないほど
暖かい日が続いていますね。

今年は、昨年と比べると夏が暑くなかったせいか、
その分、涼しくなるのが遅いのかもしれません。


さて・・、


タイトルにもあるとおり、
前々からやろうやろうと思っていたことが
あったのですが、

先日やっとできた、
というお話です。


何かというと、

「ホームページやこのブログに
 陶芸体験をされた方の写真を載せたい」

というものでした。


以前から、

実際に陶芸教室の生徒さんや
体験者の方の写真があったほうが

江戸遊がどんな教室なのか
伝わるでしょうし、

これからいらっしゃる方にも
雰囲気が伝わって安心だろうな
と思っていたのですが、

忙しさにかまけて
なかなかできずにいたのです。

先日やっと、
合間合間で撮らせていただいた
写真をアップできました。

(ご協力いただいた皆様
 ありがとうございました!)


というわけで、
体験者の方の写真を
ホームページにアップしましたので、
ご覧いただければと思います。

体験者の方々の写真はこちらです。





陶芸教室・陶芸体験コース、開催中です!

 作り出すと知らず知らずの間に没頭してしまう
 陶芸の魅力をぜひ一度味わってみてください。


ブログ読者限定の入会特典も、
 忘れずにチェックしてみてください。




それでは、また。

陶房江戸遊 柄澤


IMG_1154_20111025090621.jpg

※ 昨年11月に開催した、
 江戸遊作品展(生徒さんの作品展)での一枚です。

入会について2つのご質問をいただきました

こんにちは、
東京都内で気軽に陶芸体験(ロクロ・手びねり)ができる
飯田橋の陶芸教室・陶房江戸遊です。

IMG_1276.jpg


今日はひんやり肌寒いですね。
週末は雨の予報で、さらに冷え込みそうなので、
体調には充分、気を付けましょうね。


さて、今日は、入会について今週いただいた
2つのご質問をご紹介したいと思います。


まず最初、1つ目は、

「さまざまな回数のコースがありますが、
 最初始めるのには何回コースがおすすめですか?」

というご質問をいただきました。

もちろん、お一人お一人の都合や、
目標によって変わってはくるのですが、

やはり間が空きすぎてしまうと
前回せっかく身に付けた感覚やカンが
定着するのに時間がかかってしまったり、

保管している土の状態が大きく変わってしまい、
造りにくくなるようなこともあるので、

早く上達するためには、
やはり最低毎週1コマ(月4回コース)、
できれば毎週2コマ(月8回コース)がおすすめです。

特にロクロコースの場合は慣れるまで
(体がフォームを覚えるまで)は
集中的に通われることをお薦めします。

例えば、最初の内は月8回、
慣れてきたら月4回コース、
という風に途中で変えることも自由です。

お一人お一人に併せてアドバイスご相談にのりますので、
お気軽にご相談ください。



2つ目のご質問ですが、

「私は陶芸経験者なのですが、
 カリキュラムは最初から順を追って
 進まないといけないのでしょうか?」


というご質問をいただきました。

ホームページの方にカリキュラムを載せたので、
そちらをご覧になってのご質問だと思います。

お答えですが、
江戸遊のカリキュラムはあくまでガイドラインとお考えください。
ですので、陶芸のご経験があるのであれば、
ご自身で磨きたい技術や、作りたい作品など
ご希望に沿って進めてゆくこともできます。

技術のアドバイスもお一人お一人にあわせて
させていただきますので、ご安心ください。


以上、今週いただいた2つのご質問でした。



そのほかの「よくある質問」
ホームページにも載せてありますので
ご覧いただければと思います。

よくある質問はこちらから。

ご不明な点はぜひお気軽にお問合せください!


電話:03-3556-3330

 柄澤(からさわ)まで




それでは、また。

陶房江戸遊 柄澤




陶芸教室・陶芸体験コース募集中です!

芸術の秋に、あなただけの
特別な一品を焼き上げてみてください!


※ご入会をお考えの方は、
 ブログ読者限定の入会特典がありますので、
 忘れずにチェックしてくださいね。



豎滓虻驕・IMG_8810

色付け(釉薬がけ)は奥が深いです

こんにちは、
東京都内で気軽に陶芸体験(ロクロ・手びねり)ができる
飯田橋の陶芸教室・陶房江戸遊です。

IMG_1276.jpg


陶芸というと、とかくロクロのイメージが強いのですが、
ろくろと同じように奥が深いのが、
色付け(釉薬がけ)から焼き上がりの過程です。


釉薬の調合のわずかな違いや、
ほんのわずかな薬のかけ方・かかり方の違い、
そして、窯の状態、窯の中の位置など


本当にわずかな違いで
焼きあがる作品は大きく変わります。


その中でも今日は
釉薬がけの模様を動画でお届けします。






作業の途中で
釉薬の中に沈めた作品を
急に引き上げたときに
「カポッ」
という音が聞こえたと思います。


これは作品を沈めるときに
わざと器の中に空気を残しておいて、

一定の位置から作品を垂直に一気に引き上げることで、
釉薬を内側に均等に飛び散らせて色付を行う手法です。


内側にも均等に薬がかかっているのが
動画でも見えると思います。

見ていると簡単そうに見えると思いますが、
最初のうちは、釉薬がかからないところが
出てきてしまったりするんですね。



これは、薬がけの方法の一つですが、

もちろんこの他にもいろいろな方法があります。

・吹きがけ(噴霧器を使って釉薬をかける方法)
・スポイトなどで釉薬を垂らしがけ
・筆で絵付けをする

などの方法もあります。


陶芸体験の際は、
ぜひ、造りだけではなく、
釉薬がけも楽しんでみてくださいね。


それでは、また。

陶房江戸遊 柄澤



陶芸体験コース実施中です!

5つのコースはいずれも、

造り ⇒ 削り ⇒ 釉薬がけ (⇒ 出来上がり)

全ての工程が楽しめるようになっていますので、
ぜひ体験してみてください。


ブログ読者限定の入会特典もチェックしてみてください。


豎滓虻驕・IMG_8723

陶芸教室の醍醐味

こんにちは、
東京都内で気軽に陶芸体験(ロクロ・手びねり)ができる
飯田橋の陶芸教室・陶房江戸遊です。

IMG_1276.jpg


先日、ひょんなことから
ある生徒さんが写真に詳しいことがわかり
写真を撮っていただけることになりました。


これまでは自前のデジタルカメラで
一生懸命パシャパシャ撮っていたのですが、


やはり全然違います。


撮っていただいた写真をみても一目瞭然です。



早速ホームページのプロフィール写真も
撮っていただいた写真と差し替えました。

こちらです。



実は、前回の記事の最後に載せた、
鉄赤作品一式の写真も撮っていただいた中の
一枚なんですが・・・

豎滓虻驕・IMG_8810


これまでのと全然違いますよね?



次の写真は私のお気に入りの一枚です。

豎滓虻驕・IMG_8723


今回は私と生徒さんのお話でしたが、

このほかのも江戸遊の中では
生徒さん同士での思いもよらない
さまざまな出会いが生まれたりします。

これがまた教室ならではの
一つの醍醐味だったりもします。


同じ趣味や同じ目的のもとに
集う方々はどこか奥底で気心が通じるところが
あるのかもしれませんね。




それでは、また。

陶房江戸遊 柄澤より。




※ 陶芸教室・陶芸体験も大募集中です!
 
 詳しくはこちらをご覧ください。

コース内容や、人数、時間など
ぜひお気軽にお問い合わせください。

03-3556-3330 柄澤(カラサワ)まで

江戸遊プロフィール

柄澤 睦

Author:柄澤 睦
陶芸教室 陶房江戸遊へようこそ!

江戸遊ホームページはこちら

おかげさまで飯田橋に窯元を構えてから2018年で19年目を迎えました。

46年以上さまざまな陶器と触れ合ってきて、修行時代もあわせるとこれまでに延べ80万個以上の陶器を製作してまいりました。

日々こうした経験を活かして、生徒さんへの指導と作陶に励んでおります。

都内で気軽に陶芸が体験できる数少ない教室です。
陶芸体験教室は随時開催中です!

※詳細はこちらをご覧ください

基本から丁寧にお教えしますので、全くの初心者の方も安心してお楽しみください!

日時などお気軽にご相談ください。

TEL:03-3556-3330
月~木:10:00~21:00
土・日:10:00~18:00

柄澤(からさわ)まで


陶芸教室 陶房江戸遊

ホームページはこちらから
 

アクセス:
 地下鉄東西線飯田橋駅A5出口
         から徒歩1分
 JR飯田橋駅東口から徒歩3分

地図:Googleマップ

住所:東京都千代田区飯田橋3-4-3
電話: 03-3556-3330

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード